teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


改訂版とToolkit(ホリさんから)

 投稿者:バッサネ  投稿日:2015年12月17日(木)08時34分27秒
返信・引用
  ホリさんが、サカモさんの続きを調べて下さいました。
メールだと、あっという間に埋もれてしまうので、照合結果を転記しておきます。

==================

Safelandings改訂版、一応71ページ(Appendix 2b)まで見てみました。
サカモが見たところの続きからは、かな~~りToolkitが使われています。
ただページがあちこち飛んでいます。
サカモさんが原文29ページまで見てくださいましたが、31ページの途中(Providing support)まで、もとのSafelandingsの文がそのまま続きます。
そして31ページの途中(Risk Management)からToolkitになります。そこから44ページの途中まで、Toolkitが続きます。ただ上にも書いたように、Toolkitのあちこちに飛んでいます。

44ページの途中、DBS update service から50ページまでは新しいものか、前のSaelandingsにあったか、だと思うので、すみませんが確かめてください。
51ページから59ページまで、またToolkitになります。
60ページは新しいものかな?と思います。
62ページのAppendix 1から71ページのAppendix 2bの終わりまではまたToolkitです。

========================

約一年ぶりの掲示板ですが、新しい所はサカモさんと私の往復書簡?のようになっていますが、最初の頃は、高尾山とか遊びの計画もいろいろあって懐かしいわね~~
そのうち一段落したら(いつ?)、またみんなで遊びに行きたいですね。
私が参加したのは、2008年夏横浜の、ヨースケのお茶ボラがきっかけだったので、ついこの前のような気がしますがもう7年以上たつのか~~本当に早い!!

 
 

What is a LADO? (p.26)

 投稿者:バッサネ  投稿日:2015年12月14日(月)21時41分42秒
返信・引用 編集済
  The Local Authority Designated Officer (LADO) works within Children’s Services to help safeguard children in accordance with the statutory guidance set out in Chapter 2: Organisational responsibilities of Working Together to Safeguard Children 2013.

LADOとは?
地方自治体指定責任者(LADO)は、「2013英国政府児童虐待防止ガイドライン」第二章「組織上の責任」に書かれている法定ガイダンスに沿って、児童サービス当局内において児童虐待に対処している。

They should be informed of all cases in which it is alleged that a person who works with children has: behaved in a way that has harmed, or may have harmed, a child;
possibly committed a criminal offence against children, or related to a child; or
behaved towards a child or children in a way that indicates they are unsuitable to work with children, for example if their conduct falls within any of these categories of abuse: physical, sexual, emotional, neglect

子どもに関する仕事の従事者について次のような疑いがある場合、LADOはすべてのケースについて情報を入手する。
・子どもを傷つけた、または傷つけた可能性がある
・子どもに対して、または子どもに関する犯罪行為を行った可能性がある
・子どもと共に働くのにふさわしくないと思われるふるまいがある、例えば、身体的・性的・感情的虐待やネグレクトにあたるような行為が見られる

Once an allegation has been made, the LADO’s role is to capture and co-ordinate the sharing of all the information relating to the case with the officers and agencies that need to be informed. The LADO will be involved from the initial phase, providing advice and guidance to the employer or voluntary organisation, and monitoring the progress of the case through to its conclusion.

疑惑が起こった場合のLADOの役割は、その件に関するすべての情報を入手し、その情報を必要とするすべての職員・担当部署が情報を共有するように計らうことである。
LADOは最初の段階から関わり、雇用者あるいはボランティア組織に対して助言を与え指導し、解決に至るまでずっとその件の進展を監視する。

If you need to contact your Local Authority Designated Officer (LADO), please consult your Local Safeguarding Children Board (LSCB) or Local Authority.

LADOに連絡を取るには、各地の児童保護委員会または地方自治体当局へ問い合わせる。
 

Choosing Right 加筆分 (p.20)

 投稿者:バッサネ  投稿日:2015年12月14日(月)21時33分14秒
返信・引用 編集済
  Safeguarding concerns can arise in a number of ways, for example, an adult responsible for a child may notice a change in their behaviour or appearance that causes them concern; a parent may raise a concern about the behaviour of a BJA staff member or volunteer or information may disclosed during a recruitment process that raises concern about a person’s suitability for the role they are applying for.

こうした懸念はいろいろな形で起こる。例えば子供に対して責任のある大人(指導者?)が、子どもの行動や様子について気になる変化を見つけたり、親が(子どもの?)行動について英国柔道連盟の職員やボランティアに懸念を訴えたり、職員採用の際に、求職者の適性に問題のあることがわかる、など。

※この部分、原文が information may disclosed となっていますが mayの後にbeが抜けている?

Occasionally children may speak directly to an adult they trust about a safeguarding concern and whilst this is the least likely way that concerns arise, it is imperative that adults with responsibility for children know how to respond to such disclosures.

子どもが直接、信頼できる大人に、虐待されているかもしれないと打ち明けることもある。このような形で懸念が提起されるケースは最も稀であるが、子どもに対して責任のある大人(指導者?)が、こうした場合にどのように対処すべきか知っておくことは必須である。

 

ABCニュース

 投稿者:バッサネ  投稿日:2014年 5月30日(金)20時18分2秒
返信・引用
  サカモさんがメールして下さったABCニュースもUPしました。

http://sfurrow.warabimochi.net/judo/whitehouse14may/index.html

 

私は

 投稿者:バッサネ  投稿日:2014年 5月30日(金)13時23分56秒
返信・引用
  ホワイトハウス発表資料は、日本のメディアでも伝えられるのではないかと思うので、明日のニュースを待ってみて、実際に脳震とうを体験したフットボール選手とその母親の話などのほうを先に、今日まとめてみたいと思うんですがどうでしょう?

http://sfurrow.warabimochi.net/judo/whitehouse14may/index.html

 

ホワイトハウス脳震とう会議

 投稿者:バッサネ  投稿日:2014年 5月30日(金)13時15分22秒
返信・引用 編集済
  よろしくお願いします

試訳のほか、周辺情報、日本語メディア情報(ブログ等も含め)、感想、その他何でも!

順次、↓にUPしていきたいと思います。

http://sfurrow.warabimochi.net/judo/whitehouse14may/index.html

 

記事に気づかなかった!(>_<)

 投稿者:サカモ  投稿日:2014年 2月 7日(金)09時13分30秒
返信・引用
  今週はなんだかゆっくり新聞を読む暇もなくて、ざっとしか目を通さなかったので、
見落としていました!!(>_<)
慌てて新聞の山から引っ張り出して読みました。( ..)φ
中小路さんにちょっとメールをしたいことがあったので、
メールしやすくなって、ちょうどよかったです。(^_^)g
感謝!!!

愛知県のママはよく知っています。
家族が声を上げ続けて社会に訴え続けなければ学校も教委も握り潰してしまうので、
家族はどんなにつらくても声を上げ続けなければなりません。

学校事故事件で突然我が子を失った御家族も悲惨だけれど、
我が子が自ら命を絶ってしまった御家族も
自死を止められなかった自分を責めて、かなり地獄です。。

「暴力は悪いこと!」といくら言っても、暴力容認の人達の認識を変えることは難しいので、
「暴力は脳が縮む」と、科学的な面から攻めていますが、それでもなかなか認識を変えるのは難しい。。


 

昨日の朝日記事

 投稿者:バッサネ  投稿日:2014年 2月 6日(木)09時38分21秒
返信・引用
  毎年のことですが、急に暖かくなったと思うと、立春を過ぎて、また冬が戻って来るという…
風邪と花粉症のダブルパンチの季節、皆様どうぞお気をつけ下さい。

昨日の朝日新聞スポーツ欄で、中小路記者(&藤田記者)の大きな記事がありましたね。
神奈川県の高校で、これはバドミントン部ですが、せっかく学校に配備してあるAEDをうまく活用できずに、生徒が死に至ったというもの。暴力などの問題は特に書いてなく、生徒が倒れた時もそれなりに対応はしていたようですが、小学生ならともかく、高校で「保護者に連絡」に時間をとられるというのは、ちょっと対応が稚拙という印象を受けました。

愛知県の高校で、自分が直接暴力を受けてはいないが、仲間が受けているのを目にしたことが原因で鬱になり自殺に至った生徒のニュース(山本奈朱香記者)
これも、全国各地で同じような症例があるのではないかと思います。

サカモさんが以前に転送して下さった資料で、王選手が、スポーツ指導の中の暴力を容認するような発言をされていたということ。我々母校の父兄の一人でもある王さんから、そのような発言の出ることは、非常に残念ではあります。
しかし、この世代の男性として、それがある意味「普通」の感性であることも、認めなければならないような気がします。それと、加害者が昔に比べて、どんどん悪質になっているという点を注目しなければならないと思います。
王さんの世代はまだ、牧歌的というか、「愛のムチ」的なものが僅かながらも伺われる暴力だったのではないかと。加害者側も、相手を見て、限度を知って、という事は当然だったのでは。
桑田選手の頃には、指導者の暴力がより悪質になっており、現在は、さらに加速度的に悪質になっているのだと思います。
王選手の発言に対しては、「そうなのか。やっぱり王さんもダメだ!」と切り捨ててしまうよりは、現在行われている暴力の詳細や、被害者の生の声を詳しく聞いてもらい、「こうした事も容認できますか?」と聞いてみたいです。スポーツ界の大御所的な人々が、まだまだ、本当の現状を知っていないということが問題ではないでしょうか。
 

内田先生のご活躍

 投稿者:サカモ  投稿日:2014年 2月 1日(土)20時13分33秒
返信・引用
  Yahooの個人ニュースで、柔道事故等の発信を始められました。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ryouchida/20140131-00032184/
これはすごいことです!

更に来週くらいからなんとイギリスに飛んで、あのラグビーでのセカンドインパクトシンドロームによる急性硬膜下血腫で亡くなったベンジャミン君の御家族にお会いしてくるそうです。
すごい行動力!!

私も一緒に行きたい!!!!!ε=ε=ε=(ノ>_<)ノ
 

かなり嬉しいですねえ!(^_^)v

 投稿者:サカモ  投稿日:2014年 1月29日(水)22時28分40秒
返信・引用
  次は三省堂です。( ..)φ

我ながらこういう着眼力はけっこうあるかなと思いますが、
ボケの進行は止められない。。((((((^_^;) 
 

goo辞書\(^o^)/

 投稿者:バッサネ  投稿日:2014年 1月29日(水)10時10分36秒
返信・引用
  反応早かったですね~~~
サカモさん快挙おめでとうございます。
「辞書」というのは盲点でしたが、このように、いろんな側面からアクションを起こしていくことの重要さを、改めて感じました。

『舟を編む』という映画も、すごく面白かったけど、日本の辞書界、いい仕事してると思います。スポーツ界、武道界も見習ってほしい!
 

goo辞書

 投稿者:サカモ  投稿日:2014年 1月27日(月)01時23分29秒
返信・引用
  時間を見つけて、あちこちの辞書の脳震盪に関する記述を
少しずつ訂正依頼をしていこうと考え中です。

まず明らかに間違いの小学館から!(^_^)v
 

goo辞書

 投稿者:バッサネ  投稿日:2014年 1月26日(日)09時13分4秒
返信・引用
  サカモ様、脳しんとうに関してgoo辞書の「後に異常を残すことはない」という文に関する問題提起のメールを転送していただき有難うございます。
小学館の反応が待たれるところですね。

岩波の国語辞典(娘が学生時代使っていたお古の電子辞書に入っている簡便版ですが)は「打撲等の強い外力を受けて突発的に起こる一時的な脳の障害。種種の神経障害が生じるが、多くは短時間で回復する」とあります。
 

脳震とうニュース

 投稿者:サカモ  投稿日:2014年 1月 7日(火)00時23分26秒
返信・引用
  NHKが流しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140106/k10014275131000.html

ボクシングで死亡事故が発生していますね。。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140106-00000064-dal-fight

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140106-00000910-yom-spo

 

12月22日

 投稿者:バッサネ  投稿日:2013年12月20日(金)09時34分32秒
返信・引用
  サカモ様、長野出張お疲れ様でした。
明後日日曜日どうぞよろしくお願いいたします。

あまり見てらっしゃる方いないかもしれませんが、いちおうもう一度貼っておきます。

被害者の会第7回シンポジウム(@日本青年館、新宿区)
http://judojiko.net/news/1472.html

川崎市市民自主講座「スポーツ事故を起こさないために・起きてしまったら」(@中原市民館)
http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000052466.html

 

澤田武蔵君の刑事裁判

 投稿者:サカモ  投稿日:2013年12月20日(金)00時24分42秒
返信・引用
  長野まで行って来ました。
http://news24.jp/nnn/news8844283.html

法廷映像では、私は左端にいたので幸か不幸か映っていない。(^_^)g

双子のお兄ちゃんは非常に凛々しく立派な証言でした。
澤田ママが「いつの間にか、こんなに成長していたのね」と涙ぐんでおられました。
 

脳神経外科学会

 投稿者:バッサネ  投稿日:2013年12月18日(水)08時37分54秒
返信・引用
  私もちょっと探したんですが見つからなかったです。探し方が悪いのだと思っていたのですが、サカモさんも?
たぶん、先の発表は専門家向けオンリー(発表も会員ログインのページとか)で、その後、もっと一般向けに浸透させるべきだという声が上がって今回の提言となった。サイトでの発表はまだこれから…って感じでしょうか?

しかし、専門家がいろいろ提言して下さる貴重な情報は、質のよい指導者・普通の指導者には浸透しますが、悪質な指導者にはハッキリ言って効果なしというのが残念なところですね。
そういう意味では、日曜日の武田さんの講座が一番、実践的ではないかと思えるので楽しみにしています。
 

脳神経外科学会の提言PART2

 投稿者:サカモ  投稿日:2013年12月17日(火)20時23分9秒
返信・引用
  これは10月18日の学会で出された提言が公表されたということのようですが、
学会のサイトを探しても、どこにも載っていない。。

10月の時点で公表されているはずなのに、
今更どういう公表するってどういう意味なのかしらね?
 

脳神経外科学会の提言

 投稿者:バッサネ  投稿日:2013年12月17日(火)08時42分39秒
返信・引用
  これまでいろんな講座やシンポジウムなどで、野地先生ほか専門家の皆様が「脳しんとうをあなどってはいけない」旨の発言をされてこられましたが、学会からも、医師向けの指針と並行して一般への認識の浸透が大切として、提言を発表したとのこと。
朝日新聞では今朝の第二社会面に報道されました(武田耕太記者)
 

今日はこれに参加しました

 投稿者:サカモ  投稿日:2013年12月 3日(火)02時26分26秒
返信・引用
  NHKが流していますね。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131203/k10013520741000.html

新聞は今のところ共同通信が流しています。
http://www.sanspo.com/sports/news/20131202/jud13120221280001-n1.html

私の右に座っているのは、去年愛媛の水難事故で1人息子さんを亡くされたご遺族です。
これもまた防げる事故で、事故防止活動を始めようとなさっておられます。

被害者が次々です。。
 

レンタル掲示板
/16