teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


3月の提言:企業価値の本質的を問う

 投稿者:asktaka  投稿日:2008年 3月26日(水)06時57分25秒
  昨日、3月の提言を会社、ブログ、当HPにアップしました。相変わらず月末近くになってからのアップですが、興味のある方はご一読ください。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 
 

生物と無生物のあいだ

 投稿者:asktaka  投稿日:2008年 3月22日(土)07時06分19秒
  中央公論3月号に「新書大賞2007」の投票結果が掲載されていました。ダントツの1位は分子生物学者の福岡伸一氏の『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)でした。2位との得票差がほぼ4倍という圧勝でしたから、その人気がわかります。ミーハーなasktakaは早速近所の本屋に行って購入し、一気に読了しました。

生命の謎に迫るこの手の本をasktakaが一気に読み終えるのは珍しいことです。だが、幸田真音氏のコメント、「こんなおもしろい本を、途中でやめることなど、誰ができよう」に納得です。

まず、プロローグで「生命」を「自己複製を行うシステムである」と定義していますが、途中から「生命とは動的平衡(dynamic equilibrium)にある流れである」(p.167)と再定義します。と、このように書くと、実に無味乾燥な感じがしますが、実際は生命の謎をミステリー仕立てで読ませるのです。中央公論誌上のコメントがいみじくも述べているように「巧みで美しい文章。スリルと刺激に溢れた内容」なんですよ。

asktakaは一気に読んだとはいうものの、実は読み飛ばしたわけですから細かい話はよく覚えていません。でも、やはりうまいと思ったのは、日本人であれば誰しも周知の野口英世について、その業績を現代の視点から否定するところは憎いですね。asktakaの場合、夢中になって読み進んだのはこの話に共鳴したからかな。

さて、推理小説のネタばれは無粋ですから、知的でミステリーのようなこの書物の内容をこれ以上紹介しません。興味のある方々は是非、『生物と無生物のあいだ』を読んでみてくださいね。そして感想をお聞かせください。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

一ノ矢断髪結婚披露と相撲甚句

 投稿者:asktaka  投稿日:2008年 3月 2日(日)12時40分45秒
  このブログでも何回か書いていますが、asktakaは高砂部屋のお相撲さん兼マネジャーであった一ノ矢を応援していました。と、過去形で書いたのは一ノ矢は11月の九州場所で現役最長老の46歳で引退し、現在は高砂部屋のマネジャー専業になりました。もっとも現役時代からマネジャーをやっていましたから、変わったのは髷を切って、裸で土俵に上がらなくなった点ぐらいでしょうか。

それとプライベートな面で一ノ矢改め松田さん(引退後本名に戻りました)には大変化がありました。引退後12月に結婚したのです。その披露宴と断髪のセレモニーが2月2日(土)に帝国ホテルの孔雀の間で行われました。asktakaもワイフと彼女の着物の先生、一の会(一ノ矢を応援する友の会で、引退後も継続)の主要メンバーとともに参加しました。何と関取でもないお相撲さんのセレモニーとしては最大級の540名も集まりました。

同じ部屋の横綱朝青龍、幕内の朝赤龍はもちろんのこと、里山とか旭南海など松田さんと同郷の力士なども参加していました。その他芸能人やスポーツ選手なども大勢来ていましたが、asktakaの知っているのはロスインディオスのリーダーの棚橋静雄さんと女性ボーカルのアリシアさんぐらいでした。

ところで、皆さんは相撲甚句を聴いたことがありますが?これは相撲の世界に伝わる伝統的な歌で、宴席や地方巡業などで力士が披露する七五調の俗謡のことをいいます。定番の歌詞もあるようですが、結婚披露宴や断髪式などのセレモニーでは、特別に作詞したりします。そこで、「一ノ矢断髪結婚披露甚句」(現物はこちらからご覧いただけます)をご紹介しましょう。

一ノ矢断髪めでたや結婚ヨ
ハー 南国奄美は徳之島
島人魂(しまんちゅだましい)胸にひめ
物理と相撲部両立で
琉球大学 卒業し
力士の夢をば捨てきれず
若松部屋へと志願して
恩師は弾丸 房錦
大関 朝潮 高砂と
師匠の教えを守りつつ
二回の序二段優勝と
理想の四股をば追及し
現役四十六歳は
昭和以降で最年長
相撲を愛するその心
このたび区切りの引退で
待ちに待ったる花嫁は
才色兼備の匡子(きょうこ)さん
似合いの二人のこの良き日
いついつまでもの幸せを
挙げてお祝い ヨーホホイ ハー 申しますヨ

作・唄 呼出し 利樹之丞(平成20年2月2日 at 帝国ホテル)

実は、関取(十両以上)でなければ正式な国技館の土俵上での断髪式はできません。幕下以下のお相撲さんの場合は、通常は場所の千秋楽後の打ち上げパーティの際に断髪セレモニーを行います。関取まで上がれなかったお相撲さんは、この時はじめて紋付き袴と大銀杏を結ってセレモニーに臨むのです。松田さんの場合は、部屋を実質的に仕切っているマネジャーでもあり、結婚披露を兼ねているので特別な断髪式ということになります。

土俵には女性は上がれないのですが、松田さんの場合はホテルの宴会場でしたから新婦はもちろんのこと他の女性も鋏を入れて、新郎は感無量でした。
ちょうどasktakaが鋏を入れた時は、朝青龍が司会に指名されて面白いスピーチをしていて松田さんは大笑いしていました。この写真を見た人は、松田さんの超破顔をみて??でした。

何だか取りとめのない話になりましたが、相撲甚句のご紹介をしました。機会があれば皆さんも独特な調子を聴いてみてくださいね。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

クラリネットとピアノによる「日本の歌」

 投稿者:asktaka  投稿日:2008年 1月25日(金)08時14分18秒
  クラリネットとピアノによる「日本の歌」27曲を収録したCD『十五の心』(アウローラ・クラシカル)が来月発売されます。asktakaは今、出来立てのほやほやのCDを聴いていますが、心が温まる思いがしますね。

主な収録曲は、箱根八里は、からたちの花、待ちぼうけ、ペチカ、赤とんぼ、宵待草、椰子の実、シャボン玉、ちんちん千鳥、松島音頭、荒城の月などです。

NYを拠点にご主人のチャリー・ナイディックさんともどもクラリネット奏者として活躍中の大島文子さん、そしてピアノは姉の大島直子さんが奏でます。お二方とも二十年来の友人ですが、こうしてCDで聴いてみると、またこれまでとは違ったほのぼのとした友情を感じます。これも音楽の力なのでしょうかね。

歌はなく演奏だけなので、BGMとして喫茶店やレストラン、料理屋、着物その他の小売店など業務用としても売れるのではないかと思います。もちろん、個人が癒し用に静かに聴くというのがオーソドックスな使用法なんでしょうね。

興味のある方は、是非是非CDを近くの販売店で試聴してみてください。お気に召すことは間違いなしです。そのあとは、もちろん買ってくださいね!

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

サブプライムローン問題の影響

 投稿者:asktaka  投稿日:2008年 1月20日(日)12時54分26秒
  サブプライムローン問題の影響が日本にも及んできそうな気配です。先行きに関しては、エコノミストの間でも楽観、悲観さまざまです。だが、今朝の日経新聞を見ると、欧米に向けられていた買収資金が日本に還流しそうです。どうも2008年はM&A市場だけは楽観論で行けそうですね。

いわゆる買収ファンドや未公開株主体のプライベート・エクイティファンドなどは、自分の儲けを年30%程度に設定してスキームを組みます。これから内外のファンドから皆さんの会社にさまざままアプローチがあると思いますが、欧米のファンドの流儀を十分に踏まえた上で真に自社の利益になるかどうかを判断してほしいものです。ファンドを儲けさせるだけとしか思えない、スキーム、ディールもありますからご注意を!

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:asktaka  投稿日:2008年 1月 4日(金)07時47分20秒
  旧年中は当HPをご訪問いただきありがとうございました。本年もよろしくお願いします。

今年は日本も米国も「政治」の年になりそうです。米国の大統領選と日本の政権交代の行方が気になりますね。一方、経済はといえば、米国のサブプライムローン問題の影響で世界経済は先行きやや不透明になっています。日本経済もやや陰りがみえていますが、後半から盛り返す勢いがつくのでしょうか。

と、今年もいろいろありそうですが、細く長く当HPを続けていくつもりですので、たまには覗いてくださいね!

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

11月、12月の提言

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年12月31日(月)13時29分41秒
  2007年もあと10時間ちょっとになりました。最近では毎月1回程度しか更新していないのですが、それでもご訪問いただいている方々には感謝の言葉もありません。

今年の提言のアップは、ほとんどが毎月下旬になってしまいました。来年はもう少し早くアップするようにしたいと思います。来年もよろしくお願いします。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

BOBSON

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年11月26日(月)10時51分48秒
  nonnonさん、こんにちは!
BOBSONは起業家養成では定評があります。イオンの岡田社長もBOBSONのB-Schoolの出身です。

>入学レベルは結構ハードル高いのでしょうか?

MBAではなく、ノン・デグリーのエグゼクティブプログラムであればそんなにハードルは高くないので、希望すれば大抵は参加できると思います。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

ありがとうございます!

 投稿者:nonnon  投稿日:2007年11月22日(木)12時47分38秒
  asktakaさん、お返事ありがとうございます。
やはりヒアリング力は必要ですよね↓↓できることならスピーキング力も欲しいので地道に英語力を身につけようと思います…。

私は将来のことを見据えてBABSONを検討しているのですが、入学レベルは結構ハードル高いのでしょうか?いえ、それくらい自分で調べてみますね。英語のHPも勉強がてらのぞいてみます(笑)

ご回答どうもありがとうございました!
 

Re:エグゼクティブプログラム

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年11月17日(土)19時09分30秒
  nonnonさん、はじめまして!遅レスでごめんなさい。
エグゼクティブプログラム参加に必要な語学力は次の通りです。

1.講義を理解できるヒアリング力
2.事前にリーディング・アサインメントが読める読解力
3.教室あるいはグループ討議ができるスピーキング力
4.コースによっては、リポートを要求されるので英文作成力

以上は理想的な必要能力ですが、もっぱら受け身で、あまり発言しなくてもなんとかなるので、最低限何が必要かと言えば1のヒアリング力です。でもこれだけでは、あまりプログラムに参加する意味はないですね。やはり、他の参加者と交流を深めて、仲良くなることも大事ですからね。

それから、一概にエグゼクティブプログラムといっても、特定テーマの短期プログラムから1~3か月程度のプログラムまであります。後者は管理職経験が10 年以上とか条件がある場合がるので、nonnonさんの条件と目的を明確にして適切なB-Schoolのプログラムを選択するとよいでしょう。例えば、

Harvard
Stanford
Chicago
Wharton(Pennsylvania)
Amos Tuck(Dartmouth)
Ross (Michigan)
Sloan (MIT)

などから選択するとよいと思います。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

エグゼクティブプログラム

 投稿者:nonnon  投稿日:2007年11月10日(土)13時03分14秒
  はじめまして!
エグゼクティブプログラムについて調べているうちに、asktakaさんのHPを見つけました♪
会社にMBAの取得のお伺いを立てたところ、短期ならいいよってことで、修士は取れないもののエグゼクティブプログラムにしようかなと検討中です。
そこで、BSに詳しいasktakaさんにお伺いしたいのですが、語学力はどれくらい必要なのでしょうか?正直私は平均日本人並みの英語力です…
この程度で受けようと考えるのはかなり甘いのは重々承知ではありますが、何かアドバイスを頂けたらと思います(涙)。。
よろしくお願い致します。
 

『お相撲さんの常識』

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年10月27日(土)09時04分46秒
  「朝青龍問題、時津風部屋の死亡事件等、大相撲の話題で世間は盛り上がっていました。asktakaもこれらの問題に対して何度か書こうと思いましたが、ボクシングの亀田問題のようにステレオタイプ化した発言になるようで控えていました。今日は視点を変えて、お相撲さんの常識は世間とはだいぶ違うというお話をしたいと思います」

ということで、ブログにアップしました。続きはブログでご覧ください。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

10月の提言:『リーダー育成のすすめ』

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年10月26日(金)07時36分30秒
  「10月の提言」をアップしました。ブログもあわせてごらんください!

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

9月の提言:『老舗企業の不易流行から学ぶ』

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年 9月28日(金)07時35分0秒
  「9月の提言」をブログにアップしました。今月もぎりぎりのアップになってしまいましたが、興味のある方はご一読ください。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

8月の提言:『「らしさ」を再確認して戦略を見直そう!』

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年 8月30日(木)10時38分16秒
  「8月の提言」をブログと本HPにアップしました。毎月提言のアップが遅くなるようで、今月は夏季休暇として7月・8月合併号にしてもよかったかな、と思ったりして。でも、この10年ちょっと毎月提言をアップしてきたわけですから、これだけは継続したいと思っています。

「今日の提言(現在は「ビジネスの話題」としてほとんど過去ログとして存在)のアップを2001年の初めに休止して、はや6年以上が経過しました。この間ブログの台頭をはじめ、インターネットによる情報発信は大きく様変わりしました。96年12月の創刊以来愛読していた「日刊インターネット情報誌 Web Catch」も7月末で休刊となりました。発行者の夢博士、こと山本氏の個人的な事情があるにせよ、時代の流れを感じますね。「今月の提言」は、Web Catchに遅れること約半年、97年の夏以来毎月発信してきました。発信元が増加する中で、少しでも読者の方々の役に立つ経営・ビジネス情報を提供できればと考えています。最近遅れ気味ですが、今後ともよろしくご愛読のほどお願い申し上げます。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

7月の提言『M&Aの失敗のリスクを考える』

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年 7月28日(土)10時20分44秒
  遅くなりましたが、24日に「7月の提言」をブログにアップしました。また、本日「司法試験の類題指南」をテーマに投稿しました。興味のある方はご一読ください。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

Re: 日本企業のCSR

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年 7月23日(月)11時32分40秒
  Toyoさん、はじめまして!レスが遅れてごめんなさい。もう論文は執筆済でしょうか。お尋ねの件は、下記の通りです。「優れた点」がズバリ指摘されているかどうかはともかく、日本のCSRの現状はわかるはずです。

谷本寛治・編著『 CSR経営―企業の社会的責任とステイクホルダー』 (中央経済社)
谷本寛治著『CSR 企業と社会を考える』(NTT出版)
日本規格協会編『CSR企業の社会的責任:事例による企業活動最前線』

CSRに関するアンケートは経団連の下記のサイトから入手できます。

http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/csr.html

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

日本企業のCSR

 投稿者:Toyo  投稿日:2007年 7月 3日(火)13時22分33秒
  現在カナダの大学院にMBA留学してます。日本企業と北米企業のCSR比較をする論文を書いている途中なのですが、日本企業のCSRに関する優れた点を取り上げたいのですが、良い本・論文等ございましたら、推薦お願いします。  

6月の提言:『戦略的コミットメントを再認識せよ!』

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年 6月27日(水)14時02分58秒
  昨日、「今月の提言」をアップしました。今月も最終週での更新となりましたが、興味のある方はご一読ください。なお、下記のブログでも同様の提言をご覧いただけます。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

株主総会の集中日

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年 6月21日(木)07時27分1秒
  今年も3月期決算企業の株主総会の時期になりました。でも相変わらず5割強の企業は6月28日(木)の集中日に開催します。「株主総会の集中日」と題してアップしたので、詳しくはブログをご覧ください。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

猫族と犬族

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年 6月17日(日)14時26分45秒
  子猫の写真付きで標記のテーマでアップしました。下記のブログをご覧ください。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

新横綱誕生!

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年 5月27日(日)20時13分43秒
  標記のテーマでブログにアップしました。興味のある方はどうぞ!

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

5月の提言をアップ

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年 5月25日(金)21時13分54秒
  今月は『企業統治、内部統制が会社を潰す?』と題してまとめてみました。興味のある方はご一読ください!

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

4月の提言

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年 4月25日(水)22時42分40秒
  今年もGWの時期がやってきました。意外とこの時期はバタバタしています。新年度、新学期、新緑など、「新」がつくシーズンでもあり、新たなスタート、出会いが多くなりますね。

さて、4月の提言『三角合併解禁を攻めの視点で考える』は先月よりも2日早く、本日アップしました。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

3月の提言

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年 3月29日(木)06時51分57秒
  「3月の提言」も27日になってやっとアップしました。「今月の提言」も満10年になり、asktakaの心の中にマンネリ感があるのかもしれません。新年度からは次の10年を新たにスタートする気持ちで、提言を書き下ろしたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いします。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

2月の提言

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年 2月26日(月)23時53分15秒
  今月も12月に続いて最終週になって「今月の提言」をやっとアップしました。言い訳はしませんが、やはり中旬までには更新しなければいけませんね。来月は上旬にはアップしたいと思っていますので、皆さんも時々覗いてみてくださいね。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

ご無沙汰しました!

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年 2月21日(水)17時34分4秒
  久しぶりに本BBSを覗いたところ、お二方にご投稿いただいているのに気付きました。本当にご無沙汰しました。

>家主さん

早いものでもう5年ですか。ますます活躍の場が広がることを祈っています。

:しかし、文系は研究という評価で見ると、元気がないですね。

やはり、英語で執筆する論文の量が少ないのと、それゆえ世界の研究者からreferされる件数が少ないからでしょうね。家主さんはどんどん英語で論文を書いてはいかが?

>sumikoさん

ご無沙汰しています。sumikoさんもdigitaloさんも、今年は暖冬なので比較的過ごしやすいと思っていましたが、風邪に悩まされているとは知りませんでした。くれぐれもご自愛ください。

時々ご訪問いただいていたようですが、ブログもこちらもサボっていまして申し訳ありません。元気だけがとりえなのですが(笑い)、なかなか更新できず失礼しました。

確かにウオーキングはこれからの健康を維持するには最適だと思っています。主治医の一人には「大股で歩くこと、階段は二段登ること」といわれていますが、考え事をしながら歩いていると、つい小股になります。昔から(中学高校時代から)外に出るときは、何か考えるテーマを持って、歩きながらあるいは電車の中で考える習慣になっており、この癖が抜けないのです。

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

暫くです

 投稿者:sumiko  投稿日:2007年 2月12日(月)15時47分54秒
  asktakaさん こんにちは。
時々参上していましたが、更新されていないご様子に心配しておりました。
今ブログのご投稿をみて、お元気でいらしゃることが分りホッとしてこちらに
参上しました。

私は1月下旬あたりから殆ど毎年同じ風邪の症状に悩まされています。
これは1ヶ月間続き、気分が良い日もあって治ったと思ったら次の日また不快な症状が
現われるので、もう気にしないで過ごすことに決めました。

ブログに書いていらっしゃる様にウオーキングは身体に一番良いですね。
digitaloも毎日欠かさず散歩しています。手術後10分くらいから始めたのですが、
今では1時間ほども歩けるようになりました。ほんとに夢の様です。
asktakaさんも毎日実行なさいますようお勧めします。
 

大学の評価

 投稿者:家主メール  投稿日:2007年 1月21日(日)12時38分10秒
  早いもので、修士に入ってから5年、私は博士課程をこの3月に修了します。
修士に決まった際、asktakaさんにご馳走してもらいましたが、懐かしいです。

大学のことを指摘されていましたが、日本の大学でトップ100に入っているのは東大、京大、阪大だけということになっているようですね。京大が中国のトップ清華大学と互角というのも興味深いです。阪大は医学部が強くてスコアを稼いでいるんでしょうね。

現在はトップ30の大学を決めて、そこに研究助成を集中的に行なっていくことが推進されています。
意外に頑張っているのは、慶應医学部で、それまで予算獲得なんか興味なかったのが、今は上から言われて熱心なので、次々そういうプロジェクトが立ち上がっています。慶應が獲得しているCOEプロジェクトの6割方が医学部関連です。
一方、理工学部も上位5位くらいに食い込んでおり、頑張っているなと思います。
しかし、文系は研究という評価で見ると、元気がないですね。

http://www.weblio.jp/content/%E6%85%B6%E6%87%89%E7%BE%A9%E5%A1%BE%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A

 

「2007年は"ASIA"に注目!」

 投稿者:asktaka  投稿日:2007年 1月 6日(土)12時20分32秒
  昨日標記の今月の提言をアップしました。興味のある方はご一読ください!

http://hello.ap.teacup.com/asktaka/

 

レンタル掲示板
/11