新着順:84/1486 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

矯正訓練その1・・・♪

 投稿者:Elhew Kennels Japanメール  投稿日:2017年 7月15日(土)18時01分59秒
  通報 返信・引用 編集済
  最近のMyエルフューポインター達のビデオを見てお気づきだと思いますが?メチャクチャなパフォーマンスが目立ちます。
この状態を一般には「置き鳥のやり過ぎ」と言う人も居ます。
しかし、一番の原因はエルフューポインターの本能を開花さす「産箱から始まる基礎訓練」から始まり、ポイントからバッキングに至る一連のマナーが完成したら、一頭々(個々の犬)にハンドラー(助手)が必要です。
その理由はポイント犬がステディネスではなく飛び込みを命じてゲームを飛翔させるフラッシングドッグの役目を兼用しているからです。
つまり!ポイント犬への飛翔命令でバッキング犬も一気に攻撃態勢で突っ込んで行きます。
そこでエルフューポインターの本能が阻害され悪癖に繋がるのです。
つまり、置き鳥訓練のやり過ぎでは無く間違った訓点による悪癖なのです。

今回はパトリシアの悪癖を撮影しました。
どうです・・・!風向きが悪いとは言え(風向きを考慮しても)、攻撃性が強調されポイントするよりゲームへ近づく動作がお解りいただけると思います。
今回の矯正訓練の成果は明日のお楽しみです。


(82568)

http://www.elhewkennels.jp/

 
》記事一覧表示

新着順:84/1486 《前のページ | 次のページ》
/1486