新着順:20/1517 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

心肺の強靱なエルフューポインター・・・♪

 投稿者:Elhew Kennels Japanメール  投稿日:2017年10月 3日(火)14時27分15秒
  通報 返信・引用 編集済
  平成29年10月3日(火)
今朝はエルザの三点セットを行いました。
ずいぶん涼しくなっていましたが、今朝は29度もあり非常に蒸し暑く感じます。
JFTAで言う三点セットとは、ポイント犬に、主命で飛び込みを命じゲームを飛翔させ、飛び去るゲームを追わないで見送ることだそうです。
エルフューポインターはボブの著書Snakefoot The Making oh a Champion に書かれている通り、「飛び込み」を教えるだけで後は本能的に「3点セット」をやってくれます。
つまりエルフュー系統は、産箱から始まる基礎訓練から始まるエルフュー犬舎の「マニュアル」通りにやれば、三点セットもバッキングも自主的にやってくれます。
これ等をエルフュー犬舎創立者ボブ・ホイール氏は「遺伝的訓練」だと言われます。
一昔前にエルフュー系統が入ったポインターを使って師匠と約20年訓練しましたが、この様なパフォーマンスを見ることは出来ませんでした。
その為に結局教える訓練をやらないと仕上がらなかったことが今までは嘘のように簡単です。
しかし、このくそ暑いのに口を食い縛ってのポイントこれはエルフューポインタの強靱な心肺によるものです。
この強さは今回のエルフュー系で初めて経験しました。
一昔前にメジャー系ポインターにのめり込んだ京都の巨匠S氏は「公文さん、素晴らしいしかし余計なことかも解りませんがこんなに長くポイントさして心臓は大丈夫かと心配します。」等と言われますがエルフュー系統はその為に心肺の強靱な系統に作り上げられた系統だから心配ありませんと答えておきました。
シューティングドッグにおける血統の重要性が如何に大事かと言う事を思い知らされました。


(85433)

http://www.elhewkennels.jp/

 
》記事一覧表示

新着順:20/1517 《前のページ | 次のページ》
/1517