投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


謹賀新年・・・♪

 投稿者:Elhew Kennels Japanメール  投稿日:2018年 1月 1日(月)07時41分27秒
返信・引用 編集済
  本年も宜しくお願いいたします。
(88505)

http://www.elhewkennels.jp/

 

来年も宜しくお願いいたします・・・♪

 投稿者:Elhew Kennels Japanメール  投稿日:2017年12月31日(日)16時44分3秒
返信・引用
  米国から来日したエルフューポインター(JakeとMidge)達の悪夢から10ヶ月を過ぎました。
Jakeは、きっと天国のBrian Phaseのもとでフィールドを風のように駆け回っている事でしょう。
Midgeは元気は取り戻したが、後ろ右足が痛く野外運動をひかえてきました。
その甲斐あってかなり良くなったみたいなので久しぶりにハーネスを付けて30分(歩数計で2500歩)歩いてきました。
来年は戌(狗)年つまりエルフューポインターの年でもあります。
頑張らなくては、頑張ってもらわなくては!
いつも!訪問して下さった皆様方、良いお年をお迎え下さい。
来年も宜しくお願いいたします。


(88485)

http://www.elhewkennels.jp/

 

気楽なアウトドア・・・♪

 投稿者:Elhew Kennels Japanメール  投稿日:2017年12月29日(金)18時13分27秒
返信・引用
  公文ホテルのテントは普段食堂として使いますが、車泊の準備が出来ていなかったのでこのテントの中で寝ることにしました。



テント仕舞も簡単にでき!コンパクトに片付きます。



この折りたたみテントは米国で、隠れて待ち撃ちに使用する折りたたみ式のテントです。
(88416)

http://www.elhewkennels.jp/

 

今年最後のキジ猟・・・♪

 投稿者:Elhew Kennels Japanメール  投稿日:2017年12月26日(火)10時11分49秒
返信・引用 編集済
  香川県でのキジ当てから帰ると後期高齢者認知機能検査の結果通知書が送られていました。
総合点88点とは上出来です。
義務教育期間中では「こんな高得点」はとったことがありませんでした。
因みに50年以上前の一寸自慢になりますが!専門学校(電子工学)では95点以上でした。
早速後期高齢者講習の申込をして1月31日と決まりました。
来年4月は猟銃更新もあるので所轄で講習申込を済ませ一段落しましたので今から広島県までキジ猟に出かけます。(88312)

http://www.elhewkennels.jp/

 

ひたすら!キジ当て訓練・・・♪

 投稿者:Elhew Kennels Japanメール  投稿日:2017年12月18日(月)09時40分22秒
返信・引用
  お早うございます。
今日から暫くエルフューポインターのキジ当て訓練に行って来ます。
アイスは実猟経験があるので問題は無いのですが、エルヒューパピー(エルザ・パトリシア・ラッキートリガー)達は幼稚園の年少組みたいなものです。
何とか「ブレーキングポイント」が出来て映像撮影が出来るよう期待しながら、ひたすらキジ当が続きます。
エルフューミッジ(Elhew Midge)と鳩ぽっぽ1羽はお留守番です。
(88046)

http://www.elhewkennels.jp/

 

これだけは是非教えておきましょう・・・♪

 投稿者:Elhew Kennels Japanメール  投稿日:2017年12月15日(金)12時17分6秒
返信・引用
  シューティングドッグは健康で何のトラブルも無ければ良いのですが、もしものアクシデントに備えて次の訓練をお勧めします。
その訓練とは、「薬を飲ます」・「耳掃除」・「目の掃除」・「歯垢取り)です。


これ等が出来ないと若しかしたら薬を飲ませば吐き出してしまったり!麻酔をかけないと歯垢もとれないなんて事も考えられます。

http://www.elhewkennels.jp/

 

土佐弁講座・・・(笑)

 投稿者:Elhew Kennels Japanメール  投稿日:2017年12月15日(金)11時37分5秒
返信・引用
  この土佐弁まるだしのシーンに登場する「パラドックス・エリー(英セ白黒牝)」は私と同時に師匠の元で鳥猟犬訓練を習った割烹料理職人F氏(現在は割烹料理店ふじ味を経営https://tabelog.com/kochi/A3901/A390101/39002218/)に依頼されて繁殖し7頭生まれた中の1頭です。
エリーの母親は、輸入犬(テコアマウンテンサンライズ充血持込腹)でした。
その中のゼファーズ・パフォーマー・ベッキー(呼び名クリス白黒牝9ヶ月)を当時高知の老舗割烹「初瀬」の板長だったF氏に初瀬の社長からプレゼントされました。
当時「産箱から始まる基礎訓練」は私しか出来なかったので仕方なくクリスの繁殖を引き受けて、4才までF氏・私の母・私と育て、輸入犬CHハンターズ・ビリー・レイを交配して繁殖(2007年10月19日7頭)しました。
F氏が繁殖した仔犬を始末してくれないので新聞広告を数回だした苦い経験が思い浮かびます。
結局売れ残りの1頭エリーが私の元に残ってしまいました。
そのエリーにウズラ5羽を使って鼻入れ訓練を行い翌日先輩猟友K氏にキジ場へ案内して頂きました。
エリーが出した雉が飛び込んだ場所でF氏がビデオ撮影をしてくれました。
飛び込んだのは1羽だけなのに着臭して止まったものの尾が止まらないし怖々の状態でしたが、この場所から3羽飛立ちました。



エリーは決してキジに強い系統ではなかったのですが鼻入れ後1羽のキジを出しただけでキジに対してブレーキングポイント(BreakingPoint)ではありませんが歴然と歩体の変わったバードワークが伺えました。
それに引き替え今回1才7ヶ月のエルフューパピー達は訓練に興味を持って以来初めての苦い経験でした。
エルフュー創立者ロバート・G・ホイール氏(1936年~1995年まで実現)やクラーレンス・パフェンバーガー(1963年発表)の理論が正確であるかを改めて実感しました。
もしエルフューパピー達がエリーの様な事が出来ていたならば「訓練対象の日本キジが少ない中で私が世界で初めての訓練」方法を確立したことになったのですが、やはり著名なブリーダー達が数世紀にわたってクラスドッグの訓練において如何に正確な一貫性のある訓練方法で繁殖用台牝・台牡(系統ライン)を選び出した方法には間違いが無かったことを改めて痛感し肝に銘じたしだいであります。

http://www.elhewkennels.jp/

 

一目瞭然・・・♪

 投稿者:Elhew Kennels Japanメール  投稿日:2017年12月12日(火)16時38分30秒
返信・引用
  ラッキートリガーを走らせていたら、鷹匠の研究をされている猟友が繁殖した、もうすぐ4ヶ月になるビーグルとスパニエルのミックス犬が追いついて来ました。


(87839)

http://www.elhewkennels.jp/

 

キジ当てに行って来ます・・・♪

 投稿者:Elhew Kennels Japanメール  投稿日:2017年12月 8日(金)11時00分18秒
返信・引用
  今日は今年最後の不燃物回収日と生ゴミ回収日でした。
不燃物は車で運び片付けましたが、生ゴミとして私が捨てられないうちに香川県方面へエルフューパピー達のキジ当てに数日行って来ます。
12月13日は認知機能検査があるので12日には一度帰って来ます。
食材も買い込み準備万端整えて・・・♪今夜から私の好きな公文ホテルへ予約無しですがフリーパスで!チェックインです。
(87708)

http://www.elhewkennels.jp/

 

鶏と卵・キジ撃ちとBreakingPoint・・・♪

 投稿者:Elhew Kennels Japanメール  投稿日:2017年12月 7日(木)16時09分6秒
返信・引用
  「鶏が先か 卵が先か!キジを撃つのが先か ブレーキングポイントが先か」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B6%8F%E3%81%8C%E5%85%88%E3%81%8B%E3%80%81%E5%8D%B5%E3%81%8C%E5%85%88%E3%81%8B
さて、11月15日よりキジ猟が解禁になりました。
初猟は猟友との約束もあり一応キジ猟にでかけましたが頼りになるのは先腹のエルフューJアイス(牝4才)のみでパピー達は実戦では使いものになりません。
理由は、繁殖した仔犬が売れ残りキジ当て訓練に行けないままに狩猟解禁を迎えてしまいました。
そこで!本来ならば、私が米国エルフュー犬舎から輸入した「ブルーヘンだとお墨付きの台牝ElhewMidge」で繁殖したエルフューパピー達で自然鳥のニホン雉を使ってエルフューポインターの特質を紹介する予定でしたが犬が多くて(5頭)日本キジフィールドでの訓練が出来ませんでした。
そこで私は後期高齢者に突入し、余裕の残り時間があまりありません。
私が元気で今できることを私の生き様として「誰が見てくれるか解りませんが」後世へ残したいと考えインターネット上へ私個人で撮影した映像を約1500本投稿しましたが、やはり日本キジでなければ迫力がありませんし、ハトを使っての置き鳥では限度があります。
もはやこれまでと言うことです。
そこで、明日から県外の銃猟禁止河川敷へキジ当てに暫く行って来ます。
犬がポイントしなくともキジは撃てますが、私のキジ猟の基本はハトを使っての置き鳥訓練と同じです。
・・・そうです!キジ猟をするにはキジに対してブレーキングポイント(BreakingPoint)出来る犬でなくては納得いきません。
「鉄は熱いうちに打て」などといわれます。
数多くのNationalChampionを獲得したエルフューポインターを訓練したロバート・G・ホイール氏やクラーレンス・パフェンバーガー(Clarence Pfaffenberget)の著書によると生後75日から猟欲を引き出す訓練を行う必要があると記述されています。
私も若い頃からその方法で良い実猟犬でキジ猟を楽しんできました。
っと言う事は、既に遅しと言う事になります。
しかし猟犬の特質は多少なりとも開花するので私の見てきた結果から言うとポインターで3才セターで4才ともなれば何とかポイント出来るような鳥猟犬になることもありますが早期訓練と比較すれば足元にも及びません。
逆の考え方に「盲導犬」の訓練があります。
盲導犬は猟犬を使いますので早くから猟欲が開花しないような訓練(パピーウォーカーによる訓練)が行われますが?!(https://www.moudouken.net/knowledge/dogs-life.php)実際には猟欲の影響で盲導犬になる確率は元来盲導犬系では無いので低いようです。
さてこれからのキジ当て訓練が「丁」と出るか「半」と出るか興味あるところです。
もし成功すれば凄い快挙です。(置き鳥によるBreakingPointの影響)
上手くいかなければ当たり前の話です。
(87679)

http://www.elhewkennels.jp/

 

/157