teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: ヨグ・ソトースの箇所について

 投稿者:湖の隣人  投稿日:2014年 9月 5日(金)02時56分33秒
返信・引用
  ななしさんへ

私のサイトの「"Malleus Monstrorum" 神格データ 追加・変更一覧」
http://www5d.biglobe.ne.jp/~lake-god/mmpatch1.html
の「ヨグ=ソトース」の項では「光と音クラブ」と書いていますが、
これは私の訳し間違いで、正しくは「音と光クラブ」です。
"Malleus Monstrorum"の原文でも"The Sound and Light Club"
と書かれているのを確認しました。
諸事情によりサイトを更新できませんでしたが、
近々修正したいと思っています。
 
 

Re: ヨグ・ソトースの箇所について

 投稿者:ななし  投稿日:2014年 9月 4日(木)20時13分13秒
返信・引用
  湖の隣人さんへ

先日質問させていただいたななしです。
返信が遅くなり申し訳ありません。

シナリオからの既出だと分かって助かりました。
URLのページをもとに、自分なりに調べてみようと思います。
情報ありがとうございました。
 

Re: ヨグ・ソトースの箇所について

 投稿者:湖の隣人  投稿日:2014年 8月31日(日)05時01分23秒
返信・引用
  ななしさんへ

「光と音クラブ」(The Sound and Light Club)は、2003年発売の“コール オブ クトゥルフ d20”に収録されているシナリオ「パラダイスの終焉」(The End of Paradise)に登場するカルトです。
http://moderncthulhu.wikifoundry.com/page/The+End+of+Paradise
シナリオにおけるこのカルトについての記述は断片的で、説明するには文章を読みつないでまとめ上げる必要があると思います。
 

ヨグ・ソトースの箇所について

 投稿者:ななし  投稿日:2014年 8月27日(水)19時26分49秒
返信・引用
  クトゥルフ神話のヨグ・ソトースの説明で、光と音クラブと書かれていたので気になって調べてみたのですが、検索してもこのサイト以外見つかりませんでした。
光と音クラブがどこソースなのか教えてください。
書物からの引用でしたら、その本のタイトルを教えていただけると幸いです。
突然の訪問&質問失礼しました。

 

『幽霊湖』ネタのシナリオ

 投稿者:EDO-RAM  投稿日:2013年12月15日(日)13時14分41秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。
EDO-RAMです。

別途、メールでもご連絡差し上げていますが、下記URLにて『湖の住人』『幽霊湖』ネタのシナリオを公開しております。
御笑覧ください。

http://fgate.cyber-ninja.jp/teito/LakeDragonTale/index.html

http://fgate.cyber-ninja.jp/index.html

 

はじめまして

 投稿者:ZEPHYROS  投稿日:2013年 4月10日(水)22時13分13秒
返信・引用
  創土社でクトゥルー神話の翻訳リクエスト中です。
Disciples of Cthulhuが訳されれば、グロースの初登場譚が読め、Made in Goatswoodが訳されればキャンベルの作品群に寄せた人々のアンソロジーが読める事になりますね。

http://www.soudosha.jp/Cthulhu/p_vote/p_vote.cgi?no=2
 

はじめまして

 投稿者:NAN  投稿日:2013年 4月 2日(火)15時24分21秒
返信・引用
  いつも興味深く拝見させていただいています。
最近シナリオを制作したのですが、その際にとても「輝くトラペゾヘドロン」の情報が参考になりました。ありがとうございます。
以下のページの参考資料の部分にこちらのアドレスを記載させていただきましたので、ご報告に参りました。報告が遅くなってしまい申し訳ないです。
これからも応援しています。

http://twilight333.web.fc2.com/text/cthulhu/cthulhu-s.1kaijixyuu.html
 

Yのシナリオ

 投稿者:EDO-RAM  投稿日:2013年 1月 1日(火)13時08分30秒
返信・引用
  EDO-RAMです。
別途メールでもお知らせしましたが、下記URLにてYの登場するシナリオを掲載しました。

『罪を孕みし堕落の子ら』
http://fgate.cyber-ninja.jp/teito/SinsFallenChildren/index.html

奴の「情人」「子供たち」と、「黙示録」の関連箇所について、リンクさせて頂きました。
以上、ご報告を。

http://fgate.cyber-ninja.jp/index.html

 

ご無沙汰しております。

 投稿者:EDO-RAM  投稿日:2012年12月12日(水)23時57分38秒
返信・引用
  EDO-RAMです。
ご無沙汰しております。

RPGM関連でふっと情報を検索したくなり、こちらにまとめがあったことを思い出し、あっさり欲しい情報が見つかったので、非常にありがたく思います。

別件ですが、近々、Y関連のシナリオで奴の情人関連の情報でリンクのお願いに上がるかと思いますので、よろしくお願いします。

http://fgate.cyber-ninja.jp/index.html

 

新刊発売

 投稿者:をじさん  投稿日:2012年 8月 2日(木)23時17分5秒
返信・引用
  扶桑社ミステリーより、「クトゥルフ神話への招待」という本が発売中です。ラムジー・キャンベルの中・短編が5話も掲載されているそうです。これを機に、またブログの更新を、お願いできませんでしょうか?お待ちしています。  

レンタル掲示板
/8