新着順:161/4891 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

山本太郎、国会議員としての仕事をきっちりしているではないか

 投稿者:ウエダ  投稿日:2014年10月21日(火)15時38分26秒
  通報
  こんにちは、皆さん、植田です。

 オノデキタさんのツイッターから。
 https://twitter.com/onodekita

 * 「arekore @Are_Kore04     ?   10月16日

山本太郎議員「今、日本で流通している食品が安全と言うなら、なぜ、アメリカは、今も福島のものを輸入停止にしてるんでしょうか? 風評被害を作ってるのはアメリカになるんですか?」


 ベリー・グッド。
 国会議員が、審議会の場で、こういう正論を口にすること。
 山本太郎、これだけで国会議員になったことの意義を証明。
 私は、そう評価します。

 ワールド・スタンダードを、いつも、国内だけにしかその威光を輝かせられない天下人たちに突きつけてやれ。

 律令理性人たちが「お上」信仰を持っている限りにおいて、今の律令体制が成り立っています。
 「お上」自身には、とうに権威の根拠はありません。その証拠が、1946年1月1日の昭和天皇の「人間宣言」。
 ヒロヒトさんは、気づいていなかったようですが、その宣言は、律令体制の根幹を破壊するものでした。

 だから、以後、戦後の日本の律令体制は、律令の民の、かろうじての「お上」信仰に根拠を置くだけです。
 その律令の民は、今後、ますます、「お上」信仰から離れていくことでしょう。

 代償は大きいです。
 自分自身と、家族たちの病気と死が引き換えです。
 日本て、こんなに人間離れした国だったのか、と。
 
》記事一覧表示

新着順:161/4891 《前のページ | 次のページ》
/4891