新着順:21/1624 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

香川県から帰ってきました。・・・♪

 投稿者:Elhew Kennels Japanメール  投稿日:2018年 3月31日(土)19時23分30秒
  通報 返信・引用
  今回のキジ当てでは22羽出会いましたが「ブレーキングポイント」が出来ません。
ブレーキングポイントとはキジの性質(遺伝子)を熟知した這わさず飛ばさず釘付けにしてポイントすることです。
全猟優賞犬土佐モントローズやCHロン・オブ・ホウガクがポインとしたら!キジが顎の下か腹の下に居ました。



エルフューポインターの先祖はアイル・オブ・アラン・フリート(アオア)の血脈なので自然鳥の日本キジへのブレーキングポイントが出来て当たり前なのですが?
ラッキートリガーもエルザも自然鳥の日本キジにブレーキングポイントが出来ません。
この要因は自然鳥の日本キジに会わせる機会が遅かったからです。
著名な系統繁殖者のラベラック・リューエリン・ハンフリー氏達は優れた逃避能力を持ち合わせるゲームを教えるのに生後5ヶ月とか8ヶ月とか言うのは「愚かなこと」だと言っています。
エルフュー犬舎創立者ロバート・G・ホイール氏も同じ考えでエルフューポインターの系統繁殖に成功しました。
これ等については、犬の行動学の論文(パフェンバーガーの理論)では生後7週目から猟欲が発芽する事を大学の実験で証明しています。
(91417)

http://www.elhewkennels.http://8706.teacup.com/elhew/bbs#jp/

 
》記事一覧表示

新着順:21/1624 《前のページ | 次のページ》
/1624