teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


大丈夫そうです。

 投稿者:河村  投稿日:2018年 7月13日(金)22時27分40秒
  ご心配をおかけしました。さっき電話したら、飲み会をやっている最中でした。
彼の地域では、結構早く復旧してきたようです。
 
 

水害

 投稿者:金井  投稿日:2018年 7月12日(木)08時40分17秒
  今朝もラジオで福山の水害を話してました。生活の水が不足しているとのこと、外国から来た二人が大変ですね!  

福山

 投稿者:kuwa  投稿日:2018年 7月12日(木)06時47分8秒
  気になっていましたが、避難が解除とニュースで…少し安心しました。でもまだ日常生活が大変な様子、もし何かできることがあれば…  

福山では

 投稿者:河村  投稿日:2018年 7月11日(水)18時56分55秒
  マルティンのマンションは問題なかったようですが、昨日電話したら、コンビニに食料品や水がなく、水道水も飲めないようです。
インフラや流通の復旧には時間がかかりそうなので、生活は大変なようです。
慣れない場所ではどう対応して良いのかわかり辛いようで、彼らにとってはより大きなストレスになっているようです。お母さんは落ち込んでいると言っていました。
 

雨の神戸

 投稿者:金井  投稿日:2018年 7月 7日(土)17時55分50秒
  朝の6時になったので岸野にメ-ルをして、放送で心配されてる水害状況を聞こうと思う。
操作してる内にうっかり電話を掛けたようで慌てるてしまう。
昨夜から電車が動かなかったり、車も難しく所帯を持った娘さんが帰宅できなく朝方まで大変だったようです。この時点でもまだ激しく雨が降って、土砂災害が心配される。
阪神・淡路震災とは違った災害に大変な様子が伺われる。
はやく収まって欲しいです。

その後、久しぶりに芝さんの所に行く。(駐車場のミラ-を取り付けたいとのこと、簡単に終わる。)
お母さんは94才を過ぎてもデ-サ-ビスを2回、一人で散歩するとか比較的元気でした!
 

大平さんの日象展作品

 投稿者:kuwa  投稿日:2018年 7月 7日(土)12時14分41秒
  ブルガリアの風景懐かしいです!
昨日は大平さんの作品を国立新美術館で鑑賞して街歩きをスタートしました。大平さんの作品、今回は外務大臣賞でした。さすがです。青山墓地を経由して根津美術館、ブルノート東京、岡本太郎記念館、それぞれ立ち寄ることもなく前を通過、近くの高級?中華料理店にてランチ(麻婆豆腐と牛の野菜炒め?を2人ずつでシェア)その後、新潟県のアンテナショップ(表参道・新潟館ネスパス)に寄って原宿駅まで。飲むのにはまだ早かったので、明治神宮へ。反省会?は新宿の磯丸水産で…18時には帰宅。小雨が降ったりあがったりの中でしたが特に影響もなく歩くことができました。早い時間からの飲みは楽?でした!
 

牧歌的な風景3

 投稿者:河村  投稿日:2018年 7月 5日(木)18時56分19秒
  今年は暑いせいかコスタ家ではツバメの巣立ちが例年よりずい分早かったです。
コウノトリは村の中のいくつかの街灯で、子育ての真っ最中でした。
街灯は下を照らしていはいますが、夜はまぶしいのじゃないか等と思ったりします。
 

牧歌的な風景2?

 投稿者:河村  投稿日:2018年 7月 5日(木)18時31分36秒
編集済
  昨年までは毎日コスタの家の近くにロバが連れてこられて一日過ごしていました。ロバはヒ~ッ、ヒ~ッとけっこう大きな声でよく鳴きました。
今年は、ロバがいなくなり、馬の親子が毎日いました。毛並みと馬体が綺麗な馬の親子です。馬はヒ~ンと鳴くのかと思ったら、鳴き声を聞くことは一切ありませんでした。よほど大変な時にしか鳴かないようです。
馬の親子を見ていると、”お馬の親子は仲良しこよし、なんたらかんたら・・ポクポク歩く”とかいう童謡が久しぶりに思い起こされました。
しかし、そのすぐ後、牧歌的な気分を吹き飛ばす驚愕の展開とちょっと笑える出来事が。
子馬が母馬のお尻の臭いをかいでるのかと見ていたら、いきなり子馬が母馬に襲いかかりました。母馬が何をするのよという感じで大きなお尻を一振りすると、子馬は振り落とされて、ちょっといじけている感じが笑えました。
次の日、キルチョさん家のフェンスの鍵を開けようと苦戦していたら、いつの間にか1メートルほどの所に子馬が来ていました。(子馬はロープにつながれていません)子馬は不思議ものを見つけたみたいな顔をして私をずっと見つめていました。子馬にこんなにじっと見つめられるというのも変な気分でした。にんじんでも持っていたら仲良くなれたのかも。
 

牧歌的な風景1

 投稿者:河村  投稿日:2018年 7月 5日(木)18時20分57秒
  イワンさんの山羊には、毎年春に2~3匹子山羊が生まれますが、今年はなんと5頭の子山羊が。元気よく走り回り、もりもりと草を食んでいました。体がどんどん大きくなっていくのがわかります。
数日後、放牧中のイワンさんの所に行ってみると子山羊は4頭になっていました。
一頭は、魂は神様へ、肉体は人様へと旅だったようです。
写真は、イワンさんの山羊とそのミルクとヨーグルトです。味がぐっと濃くて美味しいです。
 

夏の山荘使用予定追加も含めて

 投稿者:kuwa  投稿日:2018年 7月 4日(水)13時07分32秒
  〈7月〉
31日(火)~
〈8月〉
~3日(金)・4日(土)~7日(火)・10日(金)~12日 (日)・13(月)~17(金)・18日(土)~20日(月)
〈9月 〉
8日(土)~9日(日)
 

レンタル掲示板
/114