新着順:9/4891 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

リチャード・コシミズの動画三昧の3週間でした

 投稿者:ウエダ  投稿日:2015年 2月22日(日)14時53分14秒
  通報
  こんにちは、皆さん、植田です。

 もう2月22日になりました。
 この間、体調はぼちぼちの不調のまま、たいした変化もないので、ずっとリチャード・こしみず三昧していました。

 いやあ、というか、うーむ、というか、この人の動画を見ていたら、「私の言説をはじめて知った人は、3ヶ月、私の動画に釘付けになる」という発言があったのですが、まさに、私もそうなりそうでした。
 私の場合は、3月か月ではなく3週間で、ちょっと飽きてきました。

 しかし、それにしても、なんでしょうか、3週間前とは、私の頭の中身がガラっと一変したような感じがします。
 私には、俗な言い方ですが、「爆弾男」の出現です。

 自称、ジャーナリスト。
 日本の言論界への公式デビューは、2006年とのことです。
 その時点で、すでに、「9.11はブッシュの自作自演」説を、事故当日にブログに書き込んで、有名人になっていたのだとか。

 コシミズ氏。青山学園卒。
 数年、サラリーマン。この時代に、保険金殺人を体験。それと、オーム真理教事件。これによって、日本社会の闇を体験。
 ここから、日本社会と世界について独自の見方を形成。

 その見方は、たとえば、アポロは月に行かなかった、という説も含めます。
 これは、最初は、副島隆彦氏が言い始めた説ですが、やがて、3.11が発生したことで、こしみず氏は、「人工地震説」を提唱。これに対し、副島氏は、「今の人類の技術では、人工地震を起こせない」と断言しました。
 コシミズは、副島氏の指摘を意に介せず、以後も、今に至るまで、「人工地震説」を主張しています。

 私的には、コシミズ氏の奈良講演での、大和朝廷の成り立ちの説が気になりました。どんなトンデモ説を出してくるだろうか、と。
 そしたら、日本の過去には、「失われたユダヤ10氏族の痕跡がある」という説と、「大和朝廷を作ったのは天武天皇と持統天皇である」という説しか、出てきませんでした。なるほど、不比等まで目が行かなかったか、と私は、思いました。「政体構造としての日本国の秘密を解明するには、天武と持統だけでは、わからない」というのが私の自説ですので、私の仕事はまだ残されたか、と思いました。

 コシミズ説で、ポジティブな面を拾ってみると、福島放射能は怖くない、説があります。本当なら、太平洋のお魚(さかな)さんたちの絶食が不要になります。

 さて、コシミズ説をつらつら見ているに思ったことは、2000年になるかならない頃に『月曜評論』誌が廃刊にならなかったら、私のアメリカ学の調査・研究は続いていただろうから、9.11で、コシミズ説と衝突しただろうなあ、ということです。
 いや、衝突ということではなく、私は、1898年のアメリカのスペイン戦争からのあくどさを認識していたので、9.11が、自作自演だろうという説を受け入れました。
 たとえば、当時の「Crossing The Rubicon: The Decline Of The American Empire At The End Of The Age Of Oil」
  http://www.amazon.co.jp/Crossing-Rubicon-Decline-American-Empire/dp/0865715408/ref=sr_1_1?s=english-books&ie=UTF8&qid=1424581632&sr=1-1&keywords=%EF%BD%83%EF%BD%92%EF%BD%8F%EF%BD%93%EF%BD%93%EF%BD%89%EF%BD%8E%EF%BD%87%E3%80%80%EF%BD%92%EF%BD%95%EF%BD%82%EF%BD%89%EF%BD%83%EF%BD%8F%EF%BD%8E

 問題は、ロックフェラーなり、ブッシュ親子なり、CFRがそこにいることがわかったとしても、私たちに何ができるか、ということでした。私たちには、何もできない、と。

 今年は、2015年。
 9.11から、14年が経過しました。
 コシミズ氏の最近の世界分析が正しければ、彼らは、今や、力を失いつつあります。
 もしかしたら、私たちは、1898年から続く、アメリカの帝国主義者たちの没落を、今、目の当たりにしているのかもしれません。

 そうだとしたら、私もまた、再び、ワールド・ウォッチの再会を始めてみようかな、と思ったりします。
 聖霊理性の追求と、同時進行で。

”くらいに

 
》記事一覧表示

新着順:9/4891 《前のページ | 次のページ》
/4891